Hello we are happy to recommend you the Avrora wordpress theme

Our theme is fully responsive and very easy to use

エラ削りの整形手術について

美容整形の手術のひとつとして、顔のエラ部分を削って輪郭を整えるエラ削りの手術があります。顔の輪郭としてエラ部分が張っているときなどに、それを改善して小顔にすることができます。どうやって手術するのかというと、口の中からエラ骨を切り取ったり削ったりします。口の中からの手術なので、顔に傷などが残りません。ポイントとしては、視野の狭い口の中から数センチ単位で切る、という手術なので、医師の腕が重要になることです。一度切ってしまえば、確実な効果がある反面、元に戻すことはできません。その点からも、腕の良い医師を慎重に選ぶ必要があります。また、整形の手術後はエラの部分が腫れます。フェイスマスクを装着するなどしてケアをします。腫れが半分以上落ち着くまでは1週間ほどかかり、完全に落ち着くまでは2週間ほどかかります。事前に腫れの期間を考慮して、手術の日程をたてると良いでしょう。



整形、エラ削りについて。

整形というものは、美を追求する手段として広く知られるようになりました。その一方で安全性が心配といった声もあります。しかし、技術面も向上し、利用者の目も厳しくなっていることから、安心して整形が受けられるようになっています。その中でエラ削りというものがあります。エラが張っていることで頑強なイメージをもたれたり、顔が大きく見えてしまうなど、悩みを抱えている人も少なくありません。しかし、エラは骨が関係している場合が多く、ケアをしても改善されにくい特徴があります。そこでエラ削りを行うわけですが、一見すると怖い手術のように感じます。しかし、全身麻酔を行い、口の中を切開しながらエラ削りをしていくため、痛みを感じることもありませんし、傷口が気になることもありません。カウンセリングの段階でしっかり耳を傾けてもらえるところであれば安心です。



美容整形でのエラ削りについて

美容整形で顎のラインの修正を希望する方は大変多いです。顎にとどまらず、顔の輪郭というものは、その美醜だけでも様々なイメージを相手に与えます。「四角い顔であれば、強情に見える」「えらが張っていると、意地悪に見える」といった風に、その人のイメージが出来上がりやすいといっても過言ではありません。そしてそのことをご自身も悩まれているからでしょう。そこで、根本的に解決をはかろうとすると、やはりエラ削りという選択肢が最も有効だといえます。エラを修正すると、張っていたエラ部分がすっきりするだけでなく、なんと顔自体が一回り小さくなったように見え、格段に美しさがアップする方もおられますので、術後の仕上がりが非常に楽しみになりますね。手術自体は口の中から器具を出し入れすることで削っていきますので、目の付くところに傷跡が残ると言う心配はありません。

自然で美しい理想の小顔は生体機能と美容的側面を両立させた骨格が重要です。 手術によって割引率は異なります。 先端の医療設備や経験豊富なスタッフを揃え安心と安全な医療環境を整えております。 顔面骨格のご相談に特化した医療設備を備えており、顔面に関する様々なお悩みにお応えできます。 2割から最大5割引き。 MAXFACS GINZA CLINICは顔面の骨格を中心とした美容医療のクリニックです。 整形でエラ削りしたい方へ

Recent News