エラ削りの整形で得られるメリットとは

エラ削りは、小顔整形の中でも口の中を切開して施術を行います。ですので、術後のダウンタイムとかが長くなってしまうのですが、行う事のメリットとは、一体何なのでしょうか。一番のメリットは、何と言いましても一度施術をすれば、効果が半永久的に持続するという事です。ですので、注射などを使った手術とは異なり、小顔を維持するために通院をする必要がありません。ですが、骨を削る手術になりますので、術後はかなりの日数腫れが酷くなるという事を覚えておきましょう。ですので、それだけダウンタイムが長くなってしまいます。ダウンタイムは、個人によって長さが異なります。ですので、術後の経過は慎重に見守るようにして、決して無理だけはしないようにしましょう。その間に、学校や会社に通っている人は、上手に休みを入れるなどの調整をするようにしましょう。無理してしまいますと、悪化する可能性がありますよ。

エラ削りの整形、どんなメリットがある?

エラ削りの小顔整形は、口の中を切って骨を削る手術になりますので、ものすごく大掛かりだと思う人もいますよね。ですが、実際には当日中に施術も終わって、帰る事が出来ますので、状態によっては非常に簡単な施術だと言えます。そんなエラ削りには、どんなメリットがあるのでしょうか。一番のメリットは何と言いましても、削り取る骨の量によって、かなり小顔になる事が出来るという事です。見た目が一気に変わってしまいますので、整形をしたという実感が湧きます。ですが、削りすぎてしまう事で、かえって身体とのバランスが悪くなってしまう可能性がありますので、ただ削って小さくすれば良いのではなく、一番大切なのは身体全体とのバランスだという事を覚えておきましょう。顔は小さければそれに越した事はありません。ですが、きちんとカウンセリングをして、バランスを重視して下さいね。

エラ削りの整形手術は手術跡が見えないのか

エラ削りの小顔整形は、顔を小さくするために口の中を切開して、骨を削る手術になります。ですが、気になるのが手術跡ですよね。せっかく整形をしても、顔に傷が残ってしまっては全く意味がありません。そんなエラ削りは、手術跡は問題ないのでしょうか。口の内側の粘膜を切開する施術になりますので、外から見た限りでは、全く施術後は見えません。ですので、安心して施術をしてもらう事が出来ます。また、口の中も傷の再生能力が高いので、時間の経過と共に、傷も目立ちにくくなるでしょう。ですが、口の中の施術になりますので、医師の腕に結果が左右されやすいというデメリットがあります。ですので、整形手術を受けたいと思うのでしたら、出来る限り料金ではなく信頼できる医師を探して施術をしてもらう様にしましょう。万が一後遺症が残ってしまったら一生の傷になるという事を踏まえた上で医師を探すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です