小顔になりたいならエラ削りの整形

顔が小さくなりたいと願望し続ける日本人女性は少なくないという事を耳にしますが、実際に整形をしてまでも小顔にする女性が増えているようです。エラが張っていると四角い顔、又はベース型の顔に見え、どんなに顔のマッサージ等の努力をしても顔は小さくなりません。そこでいっそのこと整形で柔らかい輪郭でスッキリ小顔になりたいと整形という決断になるわけです。エラが張っていると悩む方にはエラ削りという施術がありますが、名前の通りエラの骨を削ります。この骨を削ることによりすっきりした骨格の顔立ちになります。口の中から行う手術になりますので、気になる傷跡も気になりません。手術は全身麻酔で行いますので術中の痛みはなく、約2時間程度です。手術後は数週間は痛みが続きますが、この痛み期間を過ぎればもう元に戻ることもなく、この小顔は永久的に持続します。

エラ削りの整形をする

顔のエラが気になってしまうなんていう人も多いです。髪型で誤魔化して生活している人も多いのではないでしょうか。すっきりとしたシャープな顔立ちは憧れます。エラ削りの整形をしてみるのはいかがでしょう。費用としては最安値で30万円から最高値で180万円ほどです。信頼できるクリニックを選ぶことをおすすめします。百万円前後で人生を変えることが出来ます。すっきりとした顔立ちになれば、顔で悩んでいたならば、それは解消されるのではないでしょうか。手術自体は3時間ほどの時間で終わります。手術のあとは多少顔が腫れますが、綺麗になるときのバックグラウンドは滑稽なのはしょうがないです。費用とそれを乗り越えれば、きっと人生が変わります。綺麗というだけで、人から見てもらえるポイントが増えます。有利になることが多くなるでしょう。

美容整形でエラ削りするま前にプチ整形でお試し

顔が大きく見える原因の一つにエラの張りが強いことが上げられます。エラが張っていると頑固な性格だと勝手に決められて不愉快になったことが何度となくあるのではないでしょうか。しかし、美容整形でのエラ削りがあることを知っても踏み出すことはなかなか出来ません。全身麻酔で手術して、入院も必要ですし、副作用もあります。うまくいく保障もありません。合併症のリスクも高く、もしかしたら麻痺が残る恐れもあります。うまくいっても半年ほどは知覚麻痺や張れはあります。ですから、もし整形手術を行うのであれば、その前にプチ整形での施術を検討する方法もあります。エラの張りを目立たなくさせるために比較的リスクの低いボツリヌストキシンなどの注入で輪郭形成を行ってみるのもいいかもしれません。これは持続期間が半年くらいなので元に戻りますし安心です。もちろん、それでも納得できなければエラ削りを行うこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*